2014衆院選 岐阜1区 大須賀志津香 - 毎日新聞

写真 岐阜1区
大須賀志津香(55)
おおすが しずか
  22,647
党派 共産党 重複
前元新の別 当選回数 0
推薦・支持 代表的な肩書 [元]県議
略歴 [元]県議▽党県委員[歴]看護師▽岐阜市議▽岐阜大付属看護学校
ネットアカウント ホームページTwitter

名鑑の見方

年齢は投票日現在の満年齢。党派名の略称は[自]=自民党、[民]=民主党、[維]=維新の党、[公]=公明党、[次]=次世代の党、[共]=共産党、[生]=生活の党、[社]=社民党、[改]=新党改革、[諸]=諸派、[無]=無所属。代表的な肩書き、略歴は本社調査によるもの。衆院の役職については「衆院」は原則省略。ネットアカウントは =ホームページ、=グーグルプラス、=フェイスブック、=ツイッター、=ブログ、=youtubeのURL。原則として12月2日までに回答があったアカウントを掲載。

名鑑の見方

は当選、は毎日新聞社の独自調査により当選が見込まれる候補者。当比は比例復活当選、確比は比例復活当選確実。重複は小選挙区と比例代表の重複候補者。年齢は投票日現在の満年齢。党派名の略称は[自]=自民党、[民]=民主党、[維]=維新の党、[公]=公明党、[次]=次世代の党、[共]=共産党、[生]=生活の党、[社]=社民党、[改]=新党改革、[諸]=諸派、[無]=無所属。代表的な肩書き、略歴は本社調査によるもの。衆院の役職については「衆院」は原則省略。ネットアカウントは =ホームページ、=グーグルプラス、=フェイスブック、=ツイッター、=ブログ、=youtubeのURL。原則として12月2日までに回答があったアカウントを掲載。

名鑑の見方

は当選、は毎日新聞社の独自調査により当選が確実と見込まれる候補者。当比は比例復活当選、確比は比例復活当選確実。年齢は投票日現在の満年齢。党派名の略称は自民=自民党、民主=民主党、維新=維新の党、公明=公明党、次世=次世代の党、共産=共産党、生活=生活の党、社民=社民党、改革=新党改革、諸派=諸派、無属=無所属。重複は小選挙区と比例代表の重複候補者。

名鑑の見方

届け出順。年齢は投票日現在の満年齢。党派名の略称は自民=自民党、民主=民主党、維新=維新の党、公明=公明党、次世=次世代の党、共産=共産党、生活=生活の党、社民=社民党、改革=新党改革、諸派=諸派、無属=無所属。重複は小選挙区と比例代表の重複候補者。

名鑑の見方

年齢は投票日現在の満年齢。重複は小選挙区と比例代表の重複候補者。

名鑑の見方

年齢は投票日現在の満年齢。党派名の略称は自民=自民党、民主=民主党、維新=維新の党、公明=公明党、次世=次世代の党、共産=共産党、生活=生活の党、社民=社民党、改革=新党改革、諸派=諸派、無属=無所属。

名鑑の見方

は当選、は毎日新聞社の独自調査により当選が確実と見込まれる候補者。当比は比例復活当選、確比は比例復活当選確実。党派名の略称は自民=自民党、民主=民主党、維新=維新の党、公明=公明党、次世=次世代の党、共産=共産党、生活=生活の党、社民=社民党、改革=新党改革、諸派=諸派、無属=無所属。

候補者アンケートの回答

  • ※「非該当」は設問で示した選択肢以外の回答をしたもの。「無回答」は回答自体がなかったもの。
  • 問1:憲法9条の改正に賛成ですか、反対ですか。
  • 回答:2. 反対
  • 問2:政府は集団的自衛権を行使できるようにするため憲法解釈を変更しました。集団的自衛権の行使に賛成ですか、反対ですか。
  • 回答:2. 反対
  • 問3:安倍晋三首相は来年10月に予定していた消費税率10%への引き上げを2017年4月に1年半、先送りしました。この判断を評価しますか。
  • 回答:2. 評価しない
  • 問4:消費税率を10%に引き上げる際、生活必需品などに軽減税率を導入すべきだと思いますか。
  • 回答:非該当
  • 問5:安倍政権の経済政策「アベノミクス」を評価しますか。
  • 回答:2. 評価しない
  • 問6:年金についてあなたの考えに近いのはどちらですか。
  • 回答:非該当
  • 問7:原発は日本に必要だと思いますか。
  • 回答:2. 必要でない
  • 問8:靖国神社に首相が参拝することをどう思いますか。
  • 回答:2. 参拝すべきでない
  • 問9:日本による過去の植民地支配と侵略を認めて謝罪した村山富市元首相の「村山談話」を見直すべきだと思いますか。
  • 回答:2. 見直すべきでない
  • 問10:従軍慰安婦の移送や慰安所の設置に旧日本軍が関与したことを認めた河野洋平元官房長官の「河野談話」を見直すべきだと思いますか。
  • 回答:2. 見直すべきでない
  • 問11:特定の民族や人種に対する憎悪表現(ヘイトスピーチ)を法律で規制することに賛成ですか、反対ですか。
  • 回答:1. 賛成
  • 問12:沖縄県には米軍基地の7割が集中しています。沖縄の負担軽減のため、あなたの地元に米軍基地を引き受けてもいいと思いますか。
  • 回答:非該当
  • 問13:特定秘密保護法が12月10日に施行されます。あなたはこうした法律が日本に必要と思いますか。
  • 回答:2. 必要でない
  • 問14:「道徳」を小中学校の授業で教え、子供を評価することに賛成ですか、反対ですか。
  • 回答:2. 反対
  • 問15:あなたはカジノの解禁に賛成ですか、反対ですか。
  • 回答:2. 反対

最新写真特集

選挙アーカイブ